トップページ椎間板ヘルニア 治療椎間板ヘルニア治療・神経ブロック

椎間板ヘルニア 治療

椎間板ヘルニア患者の方であれば、神経ブロックという言葉を耳にしたことがあると思います。

鎮痛薬などの薬物療法で痛みの取れない椎間板ヘルニアの場合は、神経ブロックと呼ばれる方法で傷みを和らげます。

神経ブロックとは、神経やその周辺部分に局所麻酔やステロイドなどの薬剤を注入することによって痛みの原因をブロックする治療法です。

椎間板ヘルニアの原因となる神経や、痛みが伝わる伝達路を選択しブロックするため、神経ブロックと呼ばれています。

神経ブロックは治療と言うより、安静にして自然治癒力に期待するための手助けです。

ただし、激しい痛みで苦しむ人にとっては辛い痛みを緩和させることができるので有効な治療法だと思います。

神経ブロックは、少量の薬剤投与で痛みを和らげることができるほか、椎間板ヘルニアの障害部分にのみ限定して効果を出すため、副作用は少ないと言えます。

神経ブロックは比較的大きな効果が期待できますが、痛みの緩和は一時的なものであるため、麻酔効果が切れると激しい痛みと闘わなければなりません。

麻酔が効いている間に横になり、安静にして過ごすようにすることが大切です。


お探しの情報は見つかりましたか?
治療を検討中の方は、キーワードを参考に検索してみて下さい。

Google
 

キーワード例
椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア 治療 ○○県
椎間板ヘルニア レーザー ○○県
椎間板ヘルニア PLDD ○○県
椎間板ヘルニア 内視鏡 ○○県
椎間板ヘルニア 病院 ○○県


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔